2021年8月コース開講予定

このコースは意思決定の基礎から応用までをカバーし、仕事・事業・人生における決断力や判断力を高める実践トレーニングです。ビジネス、家庭生活、ライフワークなどにおける意思決定は人生を左右し、事業の成否を決定づけます。ところが学校や職場で意思決定について教わることはほとんどありません。また、複雑でアカデミックな理論は実際の役に立たず、ときには足を引っ張ることさえあります。

このコースでは、意思決定の効果的なツールやスキルを紹介し、実際に演習や実践を通じて学んでいきます。ウェビナーではありません。参加者全員がビデオオン・マイクオンで参加するインタラクティブな参加型トレーニングになります。

意思決定トレーニングの扱う内容例
・複雑系の意思決定 – カネヴィンフレームワーク
・多面的に検討する – 政策ディベート・教育ディベート
(形式的批判、フィアット、判定パラダイム、推論、フレーミング)
・意思決定の実行面におけるアプローチ
・デジタル思考・デジタル意思決定
・サンクコスト(埋没費用)の誤謬
・その他の誤謬やバイアス
・反脆弱性とオプション性
・集団心理や組織政治の扱い方

現実にビジネスや組織で活用されているスキル
全てのツールやスキルは単なる教科書の理論ではなく、私自身が過去35年以上にわたって実際に学んで習得し、現実のビジネスや生活の場面で応用し、成果を手にしてきたものばかりです。すでに単体ではいろいろなセミナーやワークショップ、コンサルティングやコーチングの場面でクライアントや受講者に教えてきた実績があります。しかし【意思決定スキル】としてまとめて体系的なトレーニングを提供するのは今回が初めてです。

意思決定は教室の中ではなく、現実世界で起こっています。現実のビジネスを左右し、人生を左右し、社会やコミュニティを左右する意思決定のスキルを学び、豊かで自由な仕事や生活に貢献したいと思っています。

講座の学び方
この講座はアカデミックな理論を勉強する講座ではありません。意思決定については無数の論文や書物が著されていますが、実際に役立つものは僅かです。この講座では選りすぐりのツールや方法論を紹介し、実際にその場で手と頭を動かして応用しながら学んでいきます。

講座は止むを得ず欠席する受講者が後日視聴できるように録画しますが、基本的にライブでの参加が受講条件です。耳だけで聴く・ビデオを後で観るという参加では身につきません。英会話のトレーニングを耳だけで聴く・ビデオで観るという学び方で学ぶことは不可能です。ピアノのレッスンを耳だけで聴く・ビデオを後で観るという学び方で学ぶことは不可能です。実際にやってみなければ習得できないものです。

講座開講期間中は、予定されたプログラムの時間帯以外も、常に質問や要望に応えてトレーニングを行う体制が整っています。

開催概要

▫️スケジュール:火曜日19:30−20:40(70分)※日程は2020年実績

第0回: フリーオリエンテーション(本コースの狙いと全体像)8/18
第1回: デジタル意思決定 1(2と3の原理)9/1
第2回: デジタル意思決定 2(価値の階層)9/15
第3回: カネヴィンフレームワーク 1(混乱から複雑系・秩序系まで)9/29
第4回: カネヴィンフレームワーク 2(領域を移動する意思決定)10/6
第5回: ディベート 1(フィアットから一人ディベートへ)10/20
第6回: ディベート 2(判定パラダイム)10/27
第7回: ディベート 3(悪魔の代弁者ゲーム)11/3
第8回: 意思決定を狂わせる誤謬(サンクコスト、ファースト&スロー)11/10
第9回: アンチフラジリティ(反脆弱性・オプション性)11/17
最終回: 組織における意思決定(論理・心理・政治)11/24

各回ビデオ録画(無編集)を受講者に共有します。

▫️受講料:138,600円(税込)
※個人申し込みの場合、銀行振込明細書を持って領収書の発行に代えることをご了承ください。
※ 法人で申し込む場合(領収書・請求書等の発行が必要な場合)は上記受講料+10,000円にて申し受
けます。

▫️講師: 田村洋一

↑上の「コース申し込み」からエントリーする方はフリーオリエンテーションの申し込み不要です。